itzaproblem.com

コンドロイチン

コンドロイチンって聞いたことがあると思います。

コンドロイチンは体の中でタンパク質を結合して、軟骨や皮膚中に多く
存在しています。

コンドロイチンはムコ多糖の一種で、動植物の体内に広く存在する物質です。
人間の体の中で合成され若いうちは盛んに合成されますが、加齢に伴い
その生産量は減少していきます。

コンドロイチンが減少すると、関節や皮膚への障害が起こったりします。
その場合は食事などで外からの摂取が必要になります。

コンドロイチンはネバネバしたものに含まれており、食品では納豆、オクラ、
フカヒレやスッポンなどに含まれているといわれています。

コンドロイチンはスポンジのような役割をもち、グルコサミンなどを保持し
その効果をアップさせれる効果だと言われています。

そんなスポンジの役割をもつコンドロイチンは体内にあるほとんどの水分を
保持しているといわれ、年齢とともにコンドロイチンと水分が一緒に減少して
いくため、老化現象がおこるといわれているのです

そのためサプリメントなどでコンドロイチンを摂取することはとても
効果があります。しかしコンドロイチンの効果がでるのは一般的に
6週間から8週間といわれており、継続して飲み続けることが大事です。