itzaproblem.com

凶悪なバクテリア

コンドロイチンは軟骨の主成分だといわれています。

ムコ多糖体とも呼ばれ、加齢により不足しやすくなる成分だといわれており
コラーゲンを常に新鮮に保つために必要な成分だといわれています。
細胞に水分を与え、軟骨の弾力強化として働く役割があります。

軟骨の中でコンドロイチンはスポンジのような役割をはたしているのです。
そしてグルコサミンがスポンジに含まれる水のような役割なのです。

そのためコンドロイチンとグルコサミンはセットで考えられることが
多いのです。

コンドロイチンには種類があります。ひとつはコンドロイチン4硫酸で豚や牛、鳥
などの軟骨が原料となっています。

もうひとつがコンドロイチン6硫酸です。これはサメ軟骨が原料となっています。

その中でもコンドロイチン4硫酸が加齢とともに減少していくと言われています。
関節炎などを改善するにはコンロいチン4硫酸のほうが効果的だといわれています。

またコンドロイチンは、美容に欠かせないコラーゲンを常に新鮮に保つ役割を
持っているのです。コンドロイチンは細胞に必要な水分や栄養素を供給する
効果があるのです。

このように成分は、その他の成分をサポートする役割をもっており、
どれが欠けても正常な体の機能を阻害する原因になってしまうのです。